高野畳店は京都で修業・一級技能士を取得しています。

施工事例

真言宗智山派・智積院のみで使われている畳縁のお話です。…
真言宗智山派・智積院の畳縁

置き畳はいかがでしょうか? コタツとミカンと置き畳…
秋晴れの宇都宮は納品日和

琉球風ではありませんよ!本物の琉球畳ですよ!…
半畳縁無し仕上げ・本物の琉球表で作りました!

畳が敷いてある秘密基地はいかがですか。…
施工一覧!その2

宇都宮市内各地のお客様宅の施工祭り!…
畳の施工一覧祭り!

施工事例一覧 >>

製品紹介

宮畳和刺会広報

コンテンツ

スペシャル

アフターフォロー

高野畳店ならではの安心のアフターフォロー

ご成約頂きましたお客様には、『畳のお手入れカタログ』を差し上げております。お掃除・カビ・害虫・NG集を掲載。

純国産畳

肌に触れるものだから
上質な純国産畳

品質が良く安全な純国産イ草

国内生産の約7割を占める「熊本産い草」は、よい畳の条件である「長く」「太く」「密度の濃い」い草です。
田んぼの土壌管理から肥料・出荷過程まで、厳しい管理下にあるからこそ、お客様に自信を持ってご提供することができます。
このことから、純国産い草は、品質が良く安全なのです。

厳しい検査を合格。上質な肌触りを実感。

職人によりクラス選別され、厳しい検査を合格した「い草」は、生産農家により、一枚一枚丹念に織り上げられます。

密度の濃いい草は、耐久性に優れ折れにくく、風合いが長持ちします。

高野畳店の畳ならではの、上質な肌触りをぜひ実感してください。

純国産と輸入い草の違い

純国産違い、輸入い草は十分な栄養を摂取していないため、もろく折れやすいい草となってしまいます。
そのため、風合いが落ちやすく、すぐに劣化してしまうのです。

また、カブレ・アレルギーが発生することもあるため、高野畳店では、純国産い草の畳をお勧めしております。

い草のランクと使用クラス

い草は、上級ランクから順番に、「極」「特選」「特」「一等」「二等」…となっています。

ランクを定める基準は、い草の「長さ」です。

長さが90cmの畳表に対し、長いい草は、色が青く・芯の強い。「良い部分を多く残し」、色あせた端の部分をカットすることができます。

反対に、短いい草は端の弱い部分まで使用するため、色あせや耐久性のない製品になってしまいます。

高野畳店がご提供するのは、上級ランクの「極」「特選」「特」のみとなっております。

伝統を紡ぐ匠の技

良い素材があっても、良いものが作れるとは限りません。
高野畳店は創業三十余年の実績。また京都で修業を積んだ一級畳製作技能士が制作をしております。

「最高の素材」を「最高の技術」を持って作り出す、高野の畳。
心をこめて、お客様にお届けしております。

宇都宮市で畳の張替え・ふすま・障子のご要望は高野畳店へ